母と子

母乳の量が少なくなったら注意|サプリが大活躍

健康と美容のために

親子

育児をするママの健康

近年は、完全母乳育児の推進で、赤ちゃんが産まれた直後に初乳を飲ませ、そこから母乳育児が始まります。出産する前から、母乳を出すために、マッサージをするなどの勉強をした人もいるでしょう。それでも、出産直後から母乳を出す分泌量が増え始めるので、初めは上手く出ないとママを悩まします。産まれて間もない赤ちゃんもおっぱいを飲むことに慣れていないので上手く飲まず、乳首が切れたり赤く腫れたりということも少なくないでしょう。しかし、徐々にママも赤ちゃんも慣れていくことでコミュニケーションが取れていきます。そもそも、完全母乳育児を推進している理由とメリットは、母子のコミュニケーションになることと、赤ちゃんの免疫が高まり風邪を引きにくくなる、ということがあります。さらに、地震などの災害が起きた場合、ミルクだとお湯を用意したり、殺菌消毒などの準備が大変ですが、母乳の場合はいつでもどこでもあげられるので心配ありません。しかし、完全母乳育児で育てているものの、ちゃんと量は足りているのか心配なママもいるでしょう。量が足りているかの確認は、赤ちゃんの体重でわかります。赤ちゃんの体重を計ることで1日当たりの増加体重を計り、基準値に達しているかどうかで判断できます。母乳の量を増やすには、ママがストレスを溜めない精神的な部分と、しっかり食事をとることです。ママの食事が赤ちゃんの栄養になり、栄養がある母乳を与えることができます。最近は、栄養面を補強するサプリメントや量を増やすタンポポコーヒーやハーブティーで補う人も多いです。サプリメントやタンポポなどには、母乳に必要なビタミンや鉄分、カルシウムなど様々な種類の成分が数多く含まれています。しかし、商品によっても含まれている成分が異なる場合があるため、きちんと確認した上で摂取するようにしましょう。