親子

母乳の量が少なくなったら注意|サプリが大活躍

健康と美容のために

親子

完全母乳育児の推進で、母乳で育てるママが増えて来ました。ママはしっかり栄養のある食事をとることが、赤ちゃんのためでもあり、ママのためでもあります。母乳の量が心配ならば、サプリメントやタンポポコーヒーで補う人も多いです。

詳細を読む

授乳期に必要な栄養素

赤ちゃん

母乳の量を増やすには毎日の食事で血液を増やす成分を摂取する必要があります。これらの成分を効率的に体内に取り入れるにはサプリメントの利用がお勧めです。毎日必要量を摂取することで、母乳の量だけでなく質も高めてくれるでしょう。

詳細を読む

理想の育児をするために

赤ん坊

まずは母体をメンテナンス

赤ちゃんを出産したあと、母乳の量が増えないことで悩みを抱える女性は少なくありません。現在は、粉ミルクの品質も非常に高まってきています。必ずしも母乳で育てなければならないということではありません。しかし母乳育児には母乳育児のメリットがあるのも事実で、それに憧れる方も多いはずです。母乳の量をなんとかして育てたいと考えたときに、積極的に摂取するべきなのはどのような成分なのでしょうか。まず母乳を作り出すためには、水分と血液が大切だと覚えておきましょう。授乳中は、普段よりも意識して多くの水分を摂取する必要があります。刺激物や甘い炭酸飲料などは、摂取し過ぎると体によくありません。授乳中にも飲める、体にやさしい飲料の中でもお気に入りを探しておくと良いでしょう。もう一つ重要なのは「血液」です。母乳はお母さんの血液から作り出されるものなので、お母さんが貧血気味だとうまく量を作ることができなくなってしまいます。血液を作りだすことができるような栄養素を、しっかりと摂取するのがおすすめです。鉄分はもちろんですが、鉄分の吸収率をアップするためにビタミン類を同時に摂取することも忘れないでください。妊婦サプリの中には、鉄分や各種ビタミンやミネラルがバランスよく配合されているものも多いので、出産後も継続摂取するのも良いでしょう。また母乳を作り出すためには、想像以上のパワーが必要となります。サプリメントや栄養素だけに頼るのではなく、「毎日三食、しっかりと食べる」ことも、母乳の量を増やすために大切です。

赤ちゃん思いのやさしさを

悩む女性

母乳の量を増やす方法といえばママ向けのハーブティーが有名ですが、においや味にくせがあり苦手な方も多いです。妊娠中に摂取した方も多いと思いますが葉酸は血液を増やすビタミンで産後の授乳期にも最適です。食事からも摂取できますが忙しいママにはサプリメントが便利で確実です。

詳細を読む